展示会で伝えよう

このサイトではブースデザインの基本の考え方や、コンセプトが伝わるように作るポイントに良いものだと特別な空間を作れること、1小間や4小間を作るときのコツを紹介してます。
デザインを考えるときに前提となるべき事項があり、来場者の気持ちが重要です。
会場の中を来訪者が見て回るときに、どのように考えていて行動するかはデザインを決めるときにも大変大切な指標になります。
例えば、来場者の流れやそれに即したものかや、不利な場所だとそれをカバーできるかなどがあります。

ブースデザインの基本の考え方

ブースデザインの基本の考え方 ブースデザイン の基本の考え方に、小間位置に合わせた形状があります。
来場者がどの方向から歩いてくるかによって形状が違い、ブースの背面からのアプローチが多いときはキャッチの言葉などは背面に向けて書いておきます。
メイン通路から離れた場所へ小間があるときは、ブースデザインを色で目立たせることでより存在感を出したり、文字を大きくしてからキャッチを書いて目立つようにします。
会場内でどの場所にブースがあり、その場所にあわせて形状が違ってくるので、集客を考えるときはこれを重要に捉えるのが基本です。
狭い通路や休憩コーナーの前、逆アプローチや入口の近くなどそれぞれの場所に最適な形があり、その位置を把握してからそれにふさわしいデザインを作るのが大切です。

より高い効果を期待できるブースデザインの考え方

より高い効果を期待できるブースデザインの考え方 多くの人々が来場して賑わうイベント会場や展示場。
それゆえにそういった場所にはたくさんのブースが並んでおり、さまざまな商品を目にすることができます。
そしてブース展開する側にとっても、より多くの人たちに自分たちの商品をピーアールするための絶好の場所ですし、そうすることで新たな顧客を掴むチャンスでもあります。
もっともそんなブース展開も、当然ですが同じように考えているライバルブースの数も多いので、自分たちのブースで来場者の足を止めるためには、しっかり考えてブースを設置することが大切です。
そこでこだわりたいのがブースデザインに対する考え方で、ブースデザインに凝ることで他とは違ったブースにすることが可能となり、そうなれば自然に集客効果も高まります。
たとえば見た目のインパクトを与えるべく、ブース全体のカラーを統一したり、模様やイラストなどを駆使する方法がありますし、この方法はブース全体だけでなく、看板やバナー、ポップなどにも使うことができます。
また商品の展示も綺麗にきっちり並べるだけでも見た目が良いですし、棚や紐などを使って上下の空間にも展示すれば、より目立ちます。
他にも雑貨や小物などを飾ったり、音楽やスタッフの服装を工夫するなど、ブースデザインに関する工夫はいろいろあり、来場者の気持ちになって、どのような方法がより効果的なのかを考えましょう。

ブースデザインには色の効果を考えて設置をしましょう

商品を陳列するときに、ブースデザインを全体的に見て考えることが重要です。
ただ商品を並べているだけでは目を惹くことができませんし、雑然としていたら購買意欲を損ねてしまうからです。
また色の効果というのも重要で、人間にとっては好きな色とそうでないものが存在します。
もちろんそれぞれ好みがありますが、平均的に見て好ましいものとそうでないものがあるのは事実です。
ブースデザインを作り上げるときに、赤い色の商品を赤い布の上に置くと目立たなくなりますし、色が強すぎるので商品に興味がわかないということも起こります。
このように色の効果というのは大変重要ですから、商品をアピールするときには背景色にも気を使わなければなりません。
ブースデザインは全体的に見て、好感を持ってもらえるかも重要になるので、インパクトを残しつつ疲れない色を採用すると良いでしょう。
遠目からでも目を惹くような構成にすれば、ブースデザインは優れたものになったと言えます。

ブースデザインには人の流れの動線を考える事も重要

企業が商品を宣伝するために展示会に出展する際、ブースデザインをする事になります。
小さなコマの場合はあまり出来る事がなく、テーブルを置いてパンフレットを配置すると終わりですが、少しでも大きくなると選択肢が広まります。
そして、そんな時に考えなければいけないのが動線です。これは人の流れとも言えますが、どんなに宣伝したい商品があっても、袋小路の配置にしてしまうと見に来た人が詰まってしまいます。
そこで、通り抜けられる様にしたり入り口と出口を決めたりすることで、スムーズに歩いて見物しつつ、詰まることなく通り抜けられるブースデザインになるのです。
これはなかなか熟練の技が必要であり、予算に余裕があれば専門の会社に依頼してブースデザインしてもらうと、クオリティに不安の残らない展示会に出来るでしょう。
規模が大きく力を入れている会社ほどこういった動線はしっかり作っているため、今後大きなブースを作る予定があるのなら、観察しておくと良いかもしれません。

見本市などイベントでブースデザインを作るには光の効果は重要です

大きなホールを貸し切って、数多くの企業による見本市を開催するようなイベントでは、現在では進化をしておりブースデザインから施工まで一貫した仕事を引き受ける専門会社が多数営業をしています。
古い時代では普通のオフィス用の長テーブルに布を敷いて商品を陳列するだけなど、簡素化されていた背景がありますが、現在ではデザイン性を重視して近未来的なデザインなど集客力を高めるために採用する資材も商品を陳列する什器も全てを手作り感をゼロにしたデザイン画採用されています。
この範囲になると自作では不可能なブースデザインになるので、やはり専門会社に依頼をすることが必要ですが、デザインの作成の中には光の効果を持たせることも重要です。
今までの発想ではダウンライトやスポットライトをイメージすることが多い傾向にありましたが、現在ではLEDをフルカラーで使うことを可能にする装置も作り出すことができ、単に照明器具としての用途ではなく柱や什器などの素材をアクリル板にして、LEDライトを内蔵させるなど最新の光の効果を発揮させる用途も注目度を高めるには重要ではないでしょうか。

視覚的にも効果的なブースデザインなら専門のデザイナーに任せよう

展示会でイベントを開催したいと考えている際には、ブースデザインを必ず専門家に依頼しなくてはいけません。
ブースデザインを専門としているデザイナーは、来場してくる人たちに対して視覚的にも非常に分かりやすい魅力的なブースを作ってくれます。
一般的に、展示会を行う目的の多くは集客効果を期待するという点です。
自社の商品やサービスをできる限りPRすることで、来場者に対して直接的に働きかけることができます。
しかし、実際に来場者が訪れてPRを見てくれないと全く意味がありません。
こういった観点から、客観的にも非常に分かりやすくて魅力的なブースデザインを作成してくれる専門家は非常に重要です。
例えば、ターゲット層を限定して来場者を集める効果を期待できます。
自社製品をどういった層にアピールしたいかによってブースデザインは全く違います。
その方向性は決めながら、より良い効果を発揮するためのブースを考えてくれますので非常に魅力的です。

環境に優しいブースデザインを取り入れることの効果

環境に優しいブースデザインを取り入れることは、様々な効果をもたらします。
まず第一に省エネ効果があります。環境に優しいブースデザインでは節電や節水を促進する設計が行われます。
LED照明の使用やエネルギー効率の高い機器の選択、自動制御システムの導入などが行われることでエネルギー使用量が削減されます。
節水設備の採用や再利用可能な水資源の活用により水の使用量も減らすことができます。
さらに廃棄物の削減とリサイクルも重要な効果です。
廃棄物の発生を最小限に抑えることが考慮され、再生可能な素材の使用や廃棄物を最小限にする設計、リサイクルプログラムの導入などが行われます。
これにより廃棄物の量を削減し、環境への負荷を軽減することができます。
また参加者や来場者に対しても良い印象を与えます。
持続可能性への取り組みは企業や団体の社会的な責任を示すものとなります。
来場者や顧客に対して環境への取り組みをアピールすることができますし、企業イメージの向上にも寄与します。
さらに競争力やイノベーションの促進にもつながります。
持続可能なデザインや技術の導入は、企業や団体の先進性や革新性をアピールすることができます。
環境に対する意識の高まりや規制の厳格化に対応するためにこれを採用することは、市場での競争力を高める要素となります。

新着情報

◎2023/6/22

情報を追加しました。

> ブースデザインには色の効果を考えて設置をしましょう
> ブースデザインには人の流れの動線を考える事も重要
> 見本市などイベントでブースデザインを作るには光の効果は重要です
> 視覚的にも効果的なブースデザインなら専門のデザイナーに任せよう
> 環境に優しいブースデザインを取り入れることの効果

◎2020/6/17

効果のあるブースの見せ方
の情報を更新しました。

◎2020/4/14

プロを頼ると成功率が高まる
の情報を更新しました。

◎2020/2/17

コンセプトの重要性
の情報を更新しました。

◎2019/11/27

4小間のブースデザイン
の情報を更新しました。

◎2019/9/24

1小間のブースデザイン
の情報を更新しました。

◎2019/5/21

サイトを公開しました

「ブース デザイン」
に関連するツイート
Twitter

『赤い羽根サポーター宣言』~クルマをおくろうプロジェクト~ 2024赤い羽根共同募金活動の協力ならびにブース出展について

☆クラブアールアーバン ブースプラス 鶴見 ◇JR京浜東北線 「鶴見」駅 バス8分 「貯水池前」停 徒歩4分 ◇東急東横線 「菊名」駅 バス14分 「貯水池前」停 徒歩3分 □馬場花木公園近く、全区画100㎡超 全11区画 □シンプルデザインが魅力のレイナハウス

☆クラブアールアーバン ブースプラス 金沢文庫 ◇京急本線「金沢文庫」徒歩15分 ◇金沢シーサイドライン「海の公園南口」徒歩8分 □海の公園 近接 □シンプルデザインが魅力のレイナハウス

☆クラブアールアーバン ブースプラス 常盤台 □常盤公園隣接  ◇相鉄線「上星川」徒歩15分 ◇相鉄線「和田町」徒歩14分 □多目的ブースのある間取り □シンプルデザインが魅力のレイナハウス

一周回って最近リアルプロダクトとか紙、ブースデザインしたくなってきた